コータウン(Kawthaung)

ミャンマー最南端の町です。人口も少なく小さな町ですが、インドやムスリムなどの影響を受けた文化的に興味深い面も多く見られます。タイに面していて、数少ない陸路での入国ができる国境の町です。タイとの交易が盛んです。また近郊では温泉・滝公園などの自然も楽しむことができます。ここからもメルギー諸島に船で行くことができ、外国人観光客を多く見かけることができます。

       

 

アクセス

コータウンからベイフライトバスボートコータウンからヤンゴンフライト空港から市街までバイクまたは車で約25分

ホテル

市街に10軒 一泊約80ドル